★新譜紹介★(吹奏楽始めました!)

 

みなさんこんにちは。 

11月は浄書が立て込んでいたり、プライベートでの予定が充実していたこともあり、気付けばあっという間に月をまたいでいたことが昨日発覚!←
いつの間にやら12月ということで、今年も残すところあと1か月。早くないですか…というより、寒くないですか……泣

突然の気温の下がり方に追いついていけないモリスカンパニーのHamiです。今日も頑張っていきましょう。

 

ということで、遅くなりましたが今日は先月出版の3曲のご紹介をしていければと思います!

 

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------

NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』主題歌

アイラブユー/back number

 

 

11月は丸々アイラブユー月間!ということで、モリスからは

 

・メロ+コード譜

・ピアノソロ

・小編成吹奏楽

 

の3種類での発売となりました。

 

今回もそれぞれの特徴をご紹介していきます♪

 

---------------------------------------------------------------------------------------

■メロ+コード譜

かねてよりモリスでは登場している定番の楽譜。汎用性の高さが魅力の言わずもがな人気商品です。

ギターなどコード楽器での弾き語りに最適な楽譜ではありますが、ピアノ弾き語りや歌ってみたの練習として、さらには自分で好きな編成にアレンジしたい!という方の採譜データとして、など使う人次第で無限の可能性を秘めています。

 

≫楽譜はコチラから

 

■ピアノソロ

前々回の朝ドラ主題歌「アルデバラン」のピアノ譜が好評だったことを受け、今回は「アイラブユー」を、しかもフル尺でのアレンジで発売です!

>>「モリスカンパニースタッフがモリスカンパニーの楽譜を使って演奏してみた!」第3弾!NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」主題歌『アルデバラン』

 

「アルデバラン」ではモリススタッフによる弾いてみた動画からリクエストをいただいての出版だったので、弾いたほぼそのままのライブ感溢れる楽譜になっていましたが、今回は少し毛色の違う、しっとり演奏できるアレンジとなっています。
とはいえ弾けば弾くほど惹きこまれる楽曲と編曲の妙で、盛り上がりにも事欠かないバランスの良いアレンジになっているのではないでしょうか。

そして参考動画では、おなじみスタッフYによる情感たっぷりな演奏をお届け☆
指定テンポよりやや遅めではありますが、この歌い方はピアノならでは…といった演奏になっています。
そして何やらピアノ回りのレイアウトにもこだわったようで、本人もご満悦の様子。笑
私も浄書をしながら「何かゴソゴソやってるな~」と思って見ていましたが、上がってきた動画を確認したらアラお洒落。笑

是非一度ご覧いただけたら嬉しいです♪

 

≫参考音源はコチラから 

≫楽譜はコチラから

 

■小編成吹奏楽

ついにモリスから吹奏楽譜が登場!!立ち上げ当初から目標の1つでもあった吹奏楽ですが、今期からついに発売が開始となりました。少ない人数でもしっかり鳴る、安定感のあるアレンジになっています。

また、冒頭の鍵盤打楽器アンサンブルは管楽器による代奏も可能。ここではマリンバを使用しているのですが、屋外での演奏となると運搬の問題が出てきますよね。
そんな時にはオプションで書かれている管楽器でのアンサンブルを選択していただくことで、演奏シーンを問わずお使いいただける楽譜となっています。

 

≫参考音源はコチラから 

≫楽譜はコチラから

 

モリスの吹奏楽譜は

 

1.最低13人から演奏できる!

2.最初から小編成用だからハーモニーのバランスが良い!

3.無理なく演奏できるアレンジ内容!

4.出版スピードではなくアレンジの“質”で勝負!

  

今期から発売がスタートした吹奏楽。モリスならではのこだわりがいっぱい詰まっています!今回は第1弾ということで、少々アツく、語らせてくださいませ♡

最後までお付き合いいただけたら嬉しいです♪それでは行ってみましょう!!

 

---------------------------------------------------------------------------------------

【1.最低13人から演奏できる!】

基本的に各楽器1本ずつでも演奏できる楽譜になっているので、パートに1人ずつしかいない…といった場合でも全く問題ありません!

楽譜としては2nd.までありますが、オプションパートに書いてある音には必ずフォローの楽器が入っているので、最小人数でも全体のバランスが崩れることはありませんよ。

また、倍管で演奏していただくことももちろん可能!
骨組みがしっかりしているので、小編成だけでなく、どんな団体さんにも演奏していただけるアレンジになっています。とはいえ逆に大編成で演奏しようとすると、やや固い響きになってしまう可能性があるので、大編成でのアレンジをご希望の際はご連絡くださいませ♪(リクエスト大募集中です♡)

  

【2.最初から小編成用だからハーモニーのバランスが良い!】

例えばよくあるパターンだと、まず最初に通常編成(いわゆる大編成、おおよそ50人程度が目安)用にアレンジした後、各パートを間引きする形で小編成用に書き直されていたりします。

もちろんやり方によっては上手くいくこともありますが、やはり元々がたくさんの楽器で演奏することを想定して書かれている楽譜ですので、間引きした後のハーモニーとオブリガードが上手くかみ合っていなかったり、メロと伴奏のバランスが悪かったりなど、問題が生じてしまうこともあります。

しかしモリスは最初から小編成での演奏を想定しているので、そういった心配はご無用!少ない人数でもしっかり鳴るように音を重ねているので、無駄なく効果的に演奏することができます 。

 

【3.無理なく演奏できるアレンジ内容!】 

モリスの楽譜は、極端な跳躍や出しづらい音域は避ける、また難易度の高い連符やタンギングは、原曲の雰囲気が損なわれない程度に簡易化するなど演奏しやすい工夫がいっぱい!

またダブルリードや特殊管(Es.Cl.等)、準備が困難と思われる特殊な打楽器などは使用していないので、演奏ハードルが低いのもポイントです。

難しいことにチャレンジするのも楽しいですが(「できた!」の喜びはひとしおですよね)、全員で音を重ねたときの感動を味わってもらいたい。そんな想いでアレンジしています。

 

【4.出版スピードではなくアレンジの“質”で勝負! 

モリスカンパニーは少数精鋭で楽譜制作を行っているので、正直、スピード重視、量産重視、といった制作は厳しいのが現状です。ですので、「流行のあの曲をいち早く!」といったご要望には、大手出版社様と比べるとなかなかお応えしづらいかもしれません。

しかしだからこそ、モリスにはモリスにしかできない“クオリティー”で勝負したいと思っています!

 

「とりあえず演奏できればいい」 

そうではなく

「この曲を演奏したい!」

 

そんな選曲・アレンジ内容で、モリスは勝負したい。そう思っています。

 

 

モリスでは今後も主に“小編成”に特化した吹奏楽譜を展開していく予定です。まだまだ楽曲数は少ないですが、これからの出版に是非ご期待ください!そして、たくさんの方に演奏して楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

 

 それでは長くなってしまいましたが、本日も最後までお読みくださりありがとうございました。

 

モリスカンパニー Hami